結果に直結する食事制限! 脂質のカット 

食事制限のダイエット経験者は多いのではないでしょうか?

空腹感との闘いは長く苦しく、我慢の継続できずにもとの食生活に戻り、リバウンドしてまったと悩んでいる方は多くいるかと思います。そこで、私自身が13KGのダイエットに成功した食事制限方法を紹介します。

◎筆者のダイエット例

私自身はダイエットスタート時の状態を軽く紹介(当時、2019年10月ごろ)

性別 男性

身長 171cm

体重 88KG

今現在(2021年5月ごろ 約1年半経過)

性別 男性

身長 171cm

体重 75KG

1年半で13KGのダイエットに成功!

13KG÷18か月=0.7222… 月平均ー0.7KGとなります

服も2サイズほど落ちました。

月1KGにも満たないゆっくりなペースですが、肉割れや、不摂生による体調不良は全く起こさずのダイエット。

成功の秘訣は脂質カットでした!

◎脂質のカット

食事の脂質を減らすと驚くほど変わります。

脂質、こいつが肥る原因になることが多いです。

脂質は栄養素の中で最も1gあたりのカロリーが大きく、身体に蓄積しやすいという性質を持っています。要は燃えにくいのです。

脂質(油、揚げ物、肉にも含まれる等) 1gあたり 9キロカロリー

炭水化物(米、パン、甘いもの等)   1gあたり 4キロカロリー

たんぱく質(肉、魚等)        1gあたり 4キロカロリー

なんと、炭水化物・たんぱく質の2倍以上!

いかに脂質を減らした食事にするかが重要になります。

◎良くない食べ物は何か?

①揚げ物。

 脂質の塊なので、控えてください。どうしても食べなければならない場合は衣を取り除いて食べるようにしてください。衣の部分に脂質が多いです。

②豚肉・牛肉

 豚肉、牛肉は脂質が多い肉にあたるので、食べる量できるだけ減らしてください。肉は鶏肉をオススメします。特に胸肉が良いです。鳥の皮は脂質の塊なので、取り除いて食べてください。逆に魚は積極的に食べることをオススメします。脂質が少なく、高たんぱくなので、理想的なダイエット食と思います。

③スナック菓子

 スナック菓子もよくないです。間食・酒のつまみに食べる方も多いかと思いますが、脂質の塊と考えてください。揚げ物よりもよくないかもしれません。

ベルミススリムタイツの効果や副作用などを徹底解説!

上記の3つを意識を意識的に食事から減らしてみてください。脂質を減らしたから他の食事量を増やして良いというわけではありませんが、量を減らすわけではないので、空腹感はあまり出ないと思います。

◎食事制限を継続するコツ

問題なのは継続することの難しさ!

私が利用した継続モチベーションアップのコツを紹介をします。

①体重の記録をつける

 アプリなどで日々の体重の記録をつけるとモチベーションアップにつながります。変化していく自分の身体が数値として見えるとだんだん楽しくなっていきます。

②完璧を求めない

 脂質をカットした食事は味気ないものになりがちです。だんだん脂っこいものを食べたくなってきます。誘惑に負けて食べてしまう日もあるでしょう。そこで自分をダメな奴だと思うのではなく、自分を許してあげるのが良いです。完璧と思う部分の7割程度を目指すぐらいがちょうどよいと思います。

 ③急激な成果を求めない

 急な成果を求めない方が良いです。そもそも過度なダイエットは体調をくずしてしまうので、のんびりやりましょう。月-1KGもいかなくて、良いと思います。

月-0.5KGでも半年継続できれば、6か月×-0.5KG=-3KGです。3KG減れば、鏡の前の自分が変わって見えるはずです!

◎まとめ

食事制限のダイエットとは生活習慣の改変だと思います。最初は元の食生活にもどりたくなってしまうのですが、だんだん脂っこい食事に抵抗感が出てきます。以前の自分はなんて重たい食事をしていたんだろうと思ったりします。現代人の食事は脂質は多すぎると思います。余分な脂をカットすることで、理想の体系に近づけることを保証します。