ほうれい線、たるみ、毛穴…アラフォーになって尽きない肌の悩み

振り返ってみると10代、20代の頃は、肌に関してそれほど本気で悩んでいなかったように思う。

http://www.cartpioneers.org/

もちろん、その時々で気になることはあれど、「若さ」というものでごまかされるものが、今思うとそれなりにあったのだ。

30代になり、40代に近づき、明らかに肌の悩みは増え、具体的な改善策を求めるようになった。

ほうれい線の出現、ハリがなくなりたるんでくる皮膚、それに伴い目立ってしまう毛穴。

また、日々の生活に追われ、内面から出る疲れが表情に出てしまったり、いつのまにか蓄積していたものがどんどんと現れてくる。

ほうれい線が気になり始めた時、それはそれはショックであった。

誰でも老いていくし、体は変化していくと知っていても、実際に我が身に降りかかるとすんなりとは受け入れがたいものがある。

顔のマッサージをしたり、表情筋を意識して動かし、スキンケアを変えてみたり、どうにかマシにならないかと可能な範囲での模索を続けている。

そんな努力の一方で、時間が経つにつれて、変わっていく体を受け入れる心持ちが徐々に芽生えてきてもいるように思う。

これから先も年齢を重ねるにつれ、肌以外にも思ってもみなかったような悩みにぶつかるであろうが、その度に動揺しあがき、また受け入れ、日々を乗り越えていくのだろう。